Gearbest 郭さんも思わず、破壊的なといってしまった価格 「739.99ドル」 Xiaomi Mi Notebook Air

ガジェット通販サイト Gearbest 郭さんよりセール情報を頂きました。

タイトルの通り、Xiaomi Mi Note book Air(Gearbestでは Xiaomi Air 13)が「739.99ドル」という破壊的な価格で発売されています。それも限定数なしです。

739.99ドルは確かにここ最近の中でも安いけど、円安でしょ?
結局、円安になる前のセールと同じくらいの価格でしょ?という声があると思いますが、以前お伝えしている通り、GearbestさんはPaypal円決済が可能で、そのレートがドルベースではなく元レート?なのか安いのです。

下の画像を見てもらった方が早いと思います


Xiaomi Air 13 Laptop:販売ページ(こちらクリックすると販売ページに飛びます)

xiaomi13

2016年12月21日現在:739.99ドル=76873円(レート約104円)

※支払い Paypal 円決済の場合


Xiaomi Air 12はどうかというと、こちらも「499.99ドル」でお買い得価格。

Xiaomi Air 12 Laptop:販売ページ(こちらクリックすると販売ページに飛びます)

xiaomi12

2016年12月21日現在:499.99ドル=51941円(レート約104円)

※支払い Paypal 円決済の場合


Xiaomi Air 12に関しては、私自身も使用していて1ヵ月使用の所感は下記記事にて紹介しています。

Xiaomi Mi Notebook Air 使用1ヵ月の所感と、フリーズ(DPC_WATCHDOG_VIOLATION)の対処(様子見)
Xiaomi Mi Notebook Air 12.5 使用から1ヵ月~ Xiaomi Mi Notebook Air12.5が届...

あれから数日、フリーズなく動いてます。12(12.5)もおすすめですが、13(13.3)のスペックは魅力的ですよね。スペック的に、日本で買えるPCで言えば13万前後からでしょうか?(Dellなど)、これから次の第7世代(Kaby Lake)CPU搭載のPCが増えてくるとは思いますが、第6世代(Sky Lake)Corei5+メモリ8GB+GPUにGeForce940MX+PCIe SSD+SATAのSSD追加可能(12は逆です、標準がSATAのSSDでPCIeのM.2 SSDが追加可能)などなど、それが8万以下コストパフォーマンス抜群…。

あぁ…欲しくなってきた、何度も言ってますが私はスペック+薄さ大好き人間なので、当初は13が欲しかったんですよね。

ぇっ?13がそのスペックでその価格なのに、12選ぶ?ないない。Core m3じゃん(以外に頑張る)、メモリ4GBじゃん(以外に問題ない)、GPUないじゃん(GPU必要な作業しない)、軽いたって1㎏切ってないじゃんなどと12は端から対象外だったんですが、13が中国内で在庫なしが続き買えない事と、12のレビューがネットに出回り始めた事によって心が揺れてきて矢先に、Gearbestさんのセールがきてあっさり陥落。

Xiaomi Mi Notebook Air 12.5 購入!(Gearbestセール)
Gearbestさんで11・11 SALES STORMです。 昨日、Xiaomi Mi Notebook Air13...

そんな私が今回の13の特価価格を見ると物欲が刺激されてしまいますね。ダメダメ。

13のスペック必要な作業を自分はするのか・・・しない・・・するかも!12のようにファンレスじゃないぞ、GPUもつくから電池持ちが悪くなるぞ・・・言う程音気にしない!GPUは切ってオンボ切り替えればいいじゃない!重たくなるぞ、カバンがかさばるぞ・・・今さら数百g増えた所で、13.3も今のカバン綺麗に入るよ!Yes!購入だ!ってダメダメ!

というような下らない自問自答をセールの度に繰り返す私ですが。
もう今年は何も買わないと決めています(Zenfone福袋ぇ…)・・・今日この時点から。鋼の気持ちを持って。値下げ→新製品の可能性⁉などと物欲を抑えるのです。


注意点として、今回のセール品は2製品ともに出荷元がHK(香港)倉庫のものが対象となっています(CN倉庫はセール対象外)HK倉庫は出荷までの日数がかかる事が以前から指摘されていますし、時期によっては中の人(郭さん)も時間がかかると明言していました。また今はクリスマス時期・年末という時期も重なり通常よりも輸送日数が増える可能性がありますので購入検討をされる方は、ご注意下さい。

例:年末はこのPCを弄り倒すぜ! → × 多分届きません。
例:寝正月しながらこたつPCとして弄り倒すぜ! → △ 多分届きません。
例:流石に旧正月前には届くだろう! → 〇 流石に旧正月またぐ前に問い合わせましょう。

と自分で打ってて、ひどい例だと思いましたが
別のお店で買った商品は、一つは宛名不完全で返送(処理止めてます)・もう一つは最後の追跡から20日程経ちますが行方不明です(販売店も輸送会社も追いきれてない苦笑)、Paypalさんから返金できる確約がとれてるので、この後どう対処されるんだろうという事で結末がどうなるのか気長に付き合えるように、この1ヵ月で鍛えられました(苦笑)

そんな私も日本においては、Amazon Prime Nowが初期から対応してる地域かつ24時間受け取り可能な、ヨドバシAkibaが徒歩圏内なので、Prime Nowで2時間以上かかると遅いと感じてしまいますし、在庫ありで30分すぎても(だいたい20分くらいで準備してくれる)引渡し準備ができていないと今日はちょっと遅いな・・・などと感じてしまうなど。1ヵ月以上遅れても海外通販だとそんなもんでしょ、Primeなのに〇時間ってどういうことよ?と感じる自分、どっちにしろ慣れって怖いですね。

というより日本の物流・商品管理って改めてすごい。
私も出荷関連に関わってますが、注文まとまったら週末出すか~って感じの雑な仕事してるので少し見習わなきゃいけませんね。