【ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!】東京会場への準備

年明け【ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!】の東京会場に当選して喜んだのも束の間、気が付けば開催日当日。

準備!と言っていますが何かを用意する訳でもなく、ASUSさんのイベントという事で、直前ながら予習もかねて ZenFone福袋2017 に入っていた未開封のまま保管してた Zenfone Max を取り出す。

IMG_20170119_162521

ASUS ZenFone福袋 2017の中身
ZenFone福袋2017が届きました! 去年の12月21日に発売された200個限定の ASUS ZenFone福袋 2017...

貧乏性?ケチな性分なのか新品未開封のものって中々開けずに取っておく癖がある私。後継機の Zenfone 3 Max も発売されて、いつまでも勿体ぶってても仕方ないので封印テープを剥がして、開封を決意。

IMG_20170119_162603

という事で、開封!(やっぱり勿体ない…って思ってしまう自分)

大容量バッテリー(5,000mAh)搭載による、長時間駆動が特徴の本機ですが後継機が発売された事もあり、楽天モバイルやヤマダのタイムセール(1/15:2万円切り)など上手くタイミングが合えばコストパフォーマンスに優れた端末だと思います。

5.5型で大容量バッテリーなので、フォントサイズを極太に設定すれば年配の方などにも向いてるのかな?私の母親の例で言いますと、普段スマホを多用しておらず、いざという時に電池切れといった事が多々ありますが、Zenfone Maxでは電池切れという事は中々ないでしょう。今度は電池が持つからと更に充電頻度が低くなって結局電池切れを起こしそうな気もしますが…。


私自身は、初期設定のATOK「ジェスチャー入力」の操作に戸惑い、フリック入力に切り替えるも何だかしっくりこないので最初にGoogle日本語入力をインストール!とソフト面からいきなりつまづいてしまいました、本体の事を言うと大容量バッテリー搭載なので充電時間も当然増えるのですが、Quick Charge2.0/3.0非対応という事で充電が遅い…。

折角、大容量バッテリーを搭載してリバースチャージ(他端末に給電する機能)に対応しているのに、電池切れたら満充電までに4時間近くというのは、何だかすごく惜しい。

初回起動時の Andoroid 5.0.2 なので、Android 6.0 へのアップグレード後、改めてプリインストールアプリなどを含めて弄ってみようと思います。

とりあえず、持ち味の大容量バッテリーを活かして、今日のイベント中は↓のような構成で撮影しようかなと考えてます。

IMG_20170120_004123_HDR

Zenfone Max + レンズスタイルカメラ ILCE-QX1 + レンズSEL1018

そもそも動画撮影って許可でるのかな?

イベント楽しみですが、ブロガーイベントは初めてで企業イベントはWindowsファン感謝祭(先着申し込み+招待客)に顔出した程度なので、勝手がわかっていない事もあって少し緊張してたり…。

最新 Windows10デバイスを体験 「2016 Windows ファン感謝祭」 ※画像多め
12月9日、Brooklyn Parlor 新宿にて開催した 「2016 Windows ファン感謝祭」~Windows Fan Ev...

素直に、本イベントを通じてASUS製品の事、イベントを通してブロガーさんやSNSにおける発信者の方々の動向など勉強させてもらう事にします。