デル XPS体験「XPS13 2-in-1」開封と第一印象 #デルアンバサダープログラム

Dell

デル アンバサダー限定のXPS体験モニター用の貸出端末が届きました。
XPS体験モニター:募集ページ(現在は申し込み終了)
貸出端末:XPS13 2-in-1プラチナハイエンド QHD+タッチパネル
貸出期間:2017年6月12日(月)事務局必着の返却まで


という事で撮った写真を無作為に貼ってきます。(スマホで撮影、横幅を揃えるだけ)

 XPS13 2-in-1 開封写真

外箱_表裏

同梱物

XPS13-9365_003

PC本体・ACアダプタ・USB Type-C-TypeA変換ケーブル・Dellアクティブペン・冊子2種

化粧箱内

外観1

外観2

外観3

前面・背面・各ポート、スロット

ACアダプタ

付属ケーブル類サイズ


 同価格帯の他社PCと並べて


 XPS13 2-in-1 初期設定

作業環境の構築はまだ未着手で、とりあえず以下の点だけ設定・更新。未開封品なのかと思ったらすでに初回起動の設定は済んでる状態でした。個人的に中華PC購入時のあるあるで、その際はOSからクリーンインストールをしますが今回は1ヵ月内という事でこのまま続行。最低限以下の設定やアップデートを実行しました。

ディスプレイちらつき防止・Windows Update実行、高速スタート起動オフ(画像無)など

他のソフトはとりあえず Office / Adobe製品 / Visual Studio / 英会話学習ソフトの他、ブログ更新用のフリーツール類でも入れる予定。(使いこなせません)


 XPS13 2-in-1 開封、持ち歩いての第一所感

開封して早速、一日持ち運んでみましたが XPS13 2-in-1 の第一印象はその筐体の薄さですね。こちらの写真の見て頂ければ伝わるのではないでしょうか?

重量に関しては実測1,205gと 13インチモデルとしては頑張っていますが薄型モデルという意味では NEC・富士通・LG等で13~15インチクラスで1㎏未満の軽量モデルが発売されているので筐体の薄さのインパクトに比べては、軽いとも重いとも言えませんが手にもつとそれなりに重量感はあります。

XPS13-9365_029

重量 1215g

他気になった点

  • 専用ペンを本体に内蔵またはSurfaceのように本体に装着できるといい
  • 専用ペン単6電池(AAAA)は日本では割高なので、充電タイプか電池不要のデジタイザ搭載が個人的に嬉しい
    ※GP30R7Hをばらして取り出した単6を充電してDell Venue 8 Pro や ASUS T90Chiで使用していたのが懐かしい
  • USB Type-Aが1口は欲しい。(USB Type-Cからの変換アダプタ付属)
  • ヒンジ強度や剛性の都合か、天板が開きにくい、下記写真のようにひっかけが欲しい。

XPS13-9365_030

という訳で、最初から少しケチをつける形になってしまいましたが。良い点は上げれば切りがないのでまずは気になった点を挙げさせて頂きました。

これから1ヵ月程使用する中で、まだ良い面・悪い面が出てくると思われますが楽しんで弄っていこうかと思います。

ちなみに子供にとって

子供にとっては新しいおもちゃがきて、届いてからずっとお絵かきしたいと言っています。Windows10でタッチパネル搭載だと何も考えずバージョン1607以降のWindows Ink機能のスケッチパッドなどの標準機能で子供を遊ばせたりできるので子持ちのおじさんとしては、タッチパネル搭載モデル(デジタイザ搭載だと尚良し)は重宝してます。