XPS体験モニター「第1回 デルアンバサダー座談会」#デルアンバサダープログラム

Dell_001

6月9日、六本木グランドハイアットにて デル アンバサダー限定「XPS体験モニター」における座談会に参加。

普段は中の方・他参加者に圧倒され傍聴者でしかない私ですが本会は、中の方々の熱意とお酒の力も借りて、有意義に意見を交換出来た会となりました。細かな内容はともかく当日のざっとした流れを紹介。

XPS体験モニター、貸出端末の XPS13 2-in-1 の所感などは下記。

デル XPS体験「XPS13 2-in-1」開封と第一印象 #デルアンバサダープログラム
デル アンバサダー限定のXPS体験モニター用の貸出端末が届きました。 XPS体験モニター:募集ページ(現在は申し込み終了) 貸出...

 デル アンバサダー座談会:タイムテーブル

Dell_002_1

 開会挨拶:アンバサダー座談会に至るまで デル「横塚部長」

Dell_004

開会挨拶として ビジネス&コンシューマー マーケティング統括本部の横塚部長が登壇。当初座談会は川崎デル本社で実施する予定が六本木グランドハイアットに変更となった経緯(新製品発表会)から説明。新製品発表会との兼ね合いもあり今回はホテルでの座談会となりましたが、かっちりやらずに本社でお酒を飲みながらワイワイやりたかったなど横塚部長の気さくな言葉に、不慣れなホテルの雰囲気に圧倒されていた私は安堵。

座談会に至るまでの経緯や現在のアンバサダー登録者数などについて
・2016年12月末:デルアンバサダーを発足
・2017年04月末:XPS体験モニターを募集(現在は申し込み終了)
・2017年06月09日:第1回 デル アンバサダー座談会開催

6月現在においてアンバサダー登録者数は1800名を超え、その内1000名程がXPS体験モニターに応募。今回の体験モニター当選者は24名、その内17名が座談会に出席。

 XPS活用事例1:宇都宮プリッツェン GM「廣瀬 佳正」さん

自身がGMを務めるロードレースチーム「宇都宮プリッツェン」においてバイクメンテナンス、トレーニング解析・管理をデル XPSを用いた運用実例を紹介。

公式アンバサダー インタビューページ:「最高のパートナーでありアシストしてくれる存在」

 XPS活用事例2:ミュージシャン 「橘 哲夫」さん

Vocalグループ AJI としても活躍される橘 哲夫さんのXPS活用事例。

実際にXPSで作曲したという曲がこちら

普段使いから楽曲作成までXPS13をフル活用。私の1ヵ月は、お絵かきがほとんどで子供は喜んでましたがこういった紹介などを受けるとクリエイティブな刺激を受けます(できたことないですけど)

公式アンバサダー インタビューページ:アイディアを閉じ込め、形にするパートナー

 XPSコンセプト:デル Raymond Wah氏

通訳を介して Raymond Wah氏がXPSコンセプトを説明。

・XPS13は2015年CES(Consumer Electronics Show)に発表から現在においても13インチクラスとしては最小サイズ、XPS13 2-in-1も同様。
・従来の13インチモデルも最小サイズであったが、狭縁ディスプレイ「InfinityDisplay」採用までは評価されていなかった。
・コンバージラインに拘り。
・カーボンファイバー採用、努力あって剛性を高めつつ手触りなど質感などを兼ね備えた
・タッチパッドを重要部分として開発。
等々

 食事を交えながらの製品フィードバック:デル中の方々と

Dell_030

私の席ではモニター2名に対してデルの方が3名、食事でも交えながら気軽にという事で…。

こういう所における、作法としてはお皿に対して小さく2-3種類を取るのがマナー?といった事をどこかで聞いた事がありますが意地汚い私はそんなのお構いなしの山盛り。(美味しかった)

製品フィードバックに関しては事前アンケート2回において回答しており、その回答は中の方達も把握済み。中の方の話の切り出しとお酒も頂いているという事で楽しく、好き勝手に回答。

改善要望としてはカメラ位置、重量、キーボードレイアウト等、色々挙がったと思われますがどなたに聞いても、ディスプレイが開けにくいという話が目立ちました。

私自身が好き勝手に話した内容としては、前回記事の第1所感で感じた不満点に加え。個体不良と思われる液晶のお化けタップ(当日も発生)、OS依存の問題(Creators Updateによる回転ロック)などなど。

※アップデート直後は回転ロック自体消えて、センサーのドライバー入れ直しやら何やらして上記(180度以上ディスプレイを開くと回転ロックのグレーアウトが解除される状態。)

フィードバックは担当部署・部門に伝える(今回のメンバーで言うとRaymond氏)、製品改善として真摯に受け止めより良い製品につなげていくとデルの皆さん。

 別フロアでは新製品発表会

事前アンケートで新製品(COMPUTEX TAIPEI 2017発表分)について当日伺いたいと回答していた事から中の方のご厚意で同日別フロアにて開催されていた新製品発表会の会場に少しお邪魔させて頂きました。時間の都合、本当に見て少し手に触れた程度でしたがプレスでもない私がいち早く新製品を目に出来た事、特別に見に行きましょうと言って頂いた中の方々に改めて感謝です。

ちなみに座談会の会場ではモニター製品の他、削りだしの天板やパーツ類が展示。

こういったものも普段見る事は出来ませんので、アンバサダーイベントならでは。

 お土産はロゴ入り和菓子

Dell_040

ロゴ入りお菓子はイベントに参加した!という実感と余韻を感じていいですね。そのまま保存しておきたくもなる。

参考:Microsoft、IIJイベントにおけるロゴ入りお菓子。

 座談会で感じた、デルの方々の熱意

デルの方から頂いたメール

「フィードバックを製品開発等に活かせるか、我々デルが“真のお客様主義”でいられるかどうかの真意を試されているものだと考えております。

是非これをご縁に様々お気づきの点を我々とご共有頂けましたら、こんなうれしいことはございません。

引き続きとなりますが、これからもご協力頂ければ幸いです。」


アンバサダー発足第1回目の座談会という事もあってか、当日もこちらのメールからも感じるように製品を良くしていきたいというデルの皆さんの熱意を感じました。

新製品触りたい・新製品情報知りたい・イベント参加したいと欲だらけな私ですが、6月下旬には当日発表された新製品などが量販店などに並ぶなど、今後のデルに1ユーザー・1ファンとして応援・注目していきたいと思います。

(これから非アクティブ化や初期化してモニター品の返送手続きしないと…)

1ヵ月フル活用出来たかというとまだまだ時間が足りなかったというのが正直な所ですが、日常的に持ち運び、その中で不具合とも付き合っていたので愛着が湧いていたので返却は寂しい所ですが、また機会があることを願って。

という訳でこれからヤマト運輸さんに持ち込んで返却してきます。1ヵ月間ありがとうございました!(明日必着だけど都内だし大丈夫かな?)