日本語・Android8.0対応 XiaomiのAndroid One「Xiaomi Mi A1」簡易レビュー #XiaomiMiA1 #Geekbuyingアンバサダー

MiA1_001

Xiaomi Mi A1 は、Google が展開する Android One ブランドの一つであり Xiaomi 端末としては初めてのモデルとなります。

【テスト端末環境】
Android Version:7.1.2
Baseband:953_GEN_PACK-1.117743.1.119183.2
Kernel version:3.18.31-perf-gdf14e49

本記事の端末は、Geekbuyingアンバサダーによる貸出機を利用しています。


  Android One 端末の特徴

Google が展開する Android One ブランドという事で下記の特徴があります。

  • 発売から18ヶ月内に最低1回のOSバージョンアップ
  • 発売から最長2年間のセキュリティアップデート
  • OSはAndroid標準型ともいえるAOSP(Android Open Source Project)に準拠

※ 最長期間(発売から)

本端末に関しては、2017年12月31日に Anroid 8.0 Oreo 7.12.29 がリリースされています。
[ROM] Android O 7.12.29 for Xiaomi Mi A1 Starts Rolling Out: How to Upgrade
http://en.miui.com/forum.php?mod=viewthread&tid=1415168&page=1

 Xiaomi Mi A1:スペック

  • ブランド:Xiaomi
  • モデル:Mi A1
  • OS:Android 7.1.2 ※8.0.0 アップグレード可
  • SoC:Snapdragon 625
  • RAM:4GB RAM
  • ストレージ64GB
  • ディスプレイ:5.5インチ、LTPS FHD(1920×1080解像度)、403 PPI
  • カメラ:
    背面 Dual camera 12MP(1.25μm f2.2)+12MP(1.0μm f/2.6)
    前面 5MP 1.12μm f/2、2倍光学ズーム
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2
  • ネットワーク:
    2G:GSM 2/3/5/8
    3G:WCDMA 1/2/5/8
    4G:FDD-LTE 1/3/5/7/8/20
    4G:TDD-LTE 3840
  • バッテリー:3080mAh(typ) / 3000mAh(min)
  • サイズ:155.4mmx75.8mmx7.3mm
  • 重さ:165g
  • インターフェース:SIM/microSD tray(nano SIMx2 or nano SIM+microSD)、USB Type-C、3.5mmヘッドフォンポート
  • センサー・その他:GPS、赤外線、光(環境光)、ジャイロ、磁気、加速度、指紋、近接、日本語対応Android 8.0 Oreo対応(7.12.29)
  • カラー:Black、Gold、Rose Gold、Red(限定)

※ Xiaomi公式のMi A1スペック他、リリースより

 カメラ撮影比較:Mi A1・Mi6

価格帯が違うモデルで比較するのも何ですが、デュアルカメラ+2倍光学ズーム搭載などカメラ構成が似ている Xiaomi Mi6 と同条件化で撮影比較。

撮影・画像条件
・オート+HDRオン(一部夜景モードHHT利用)
・画質 High
・Googleフォトによる圧縮及び、縮小加工

撮影時だけ子供の手を離してロック解除→カメラ起動→撮影という手順なので、ピント合わせやら細かな事は抜きのズボンからの取って出し。明るい環境下においては素人目に全部綺麗に見えるので、室内照明及び・日暮れなどの撮影。

Mi A1 に比べ、Mi6は F値や4軸光学手ブレ補正搭載など優位性がありますので、明かりの取り込み、光学2倍ズーム時などを見ると素人目にも違いが見てとれますが、価格差を考えれば十分健闘していて必要十分どころか、綺麗といっていいでしょう。

他、撮影モードなど

 Xiaomi Mi A1 雑感

Android One という事で、一定のアップデート保証の安心感・素のAndroid・日本語標準対応・低価格と海外スマホとしては各段に敷居は低くハイエンドを求めない私のようなライト層にベターな商品。

性能面では、バッテリーパフォーマンスに優れた Snapdragon625 に RAM4GB 搭載なので一部ゲームなどを除けば2万円代とは思えないパフォーマンスを発揮してくれます。

対応バンドの面では 3G/4Gともに800MHz帯に対応しておらず、docomo における FOMAプラスエリア(3G Band 6)・プラチナバンド(4G Band 19)は未対応の為、主要都市部以外での利用はこころもとないですが、ソフトバンク網においては3G/4Gともに900Mhz帯に対応していますので 4G プラチナバンド(4G Band 8)を利用可。プラスエリア化すればいい。

筐体含め細かな違いは多々ありますが Xiaomi の実売2万円前後の製品と比較すると下記のようにうまく差別化がされてます。

Mi A1:Android One・カメラ性能
Redmi Note 4X:価格・バッテリー持ち
Redmi5 Plus:価格・18:9縦長ディスプレイ

語彙力がなくて何ですが、Xiaomi に限らずですが2万前後で良い端末増えましたね。

 Xiaomi Mi A1:購入先

MiA1_etc_004

今回紹介した Xiaomi Mi A1 はこちらにて購入できます。

geekbuying:Xiaomi Mi A1 商品ページ 2018/01/22付 価格229.99ドル(約25,600円)