汚れ防止用のガラスコート剤を、タブレットとスマホに塗ってみる

仕事の都合で、汚れ防止用のガラスコート剤のサンプル入手が可能なので
せっかくなので手持ちの端末に塗ってみることにしました。

今回使用するガラスコーティング剤は、アルコールタイプの常温速乾型なので
温度や風などの影響にも左右されますが、塗布後1分としないうちに表面乾燥するタイプ。

汚れが付着しないメカニズムは、コート剤に含有している
ナノ材料のシリカと酸化スズによる親水性と帯電防止効果によるもの。

細かい事はおいといて、とりあえず塗ってみて
汚れが本当に付きづらくなるか、また落ちやすくなるのかを簡単にビデオで撮影しました。

selfclean

とりあえず、実験的なものなので
もし汚れが落ちなかったり、粉が原因で壊れたりしたら何なので
過去にアメリカで買ったタブレットと、中国の3Gスマートフォンでテストしました。

この手の商品、実際どうなのか
通販とかで言えば、こっそりふき取った・未塗布面だけ汚れがつきやすくなってるでしょう?
などと言われたりしますけども。


実際の所、動画見てもらって伝わったでしょうか。
補足すると本コーティング剤を使用する前に
コーティング面の汚れや油などを水やアルコールまたはクリーナーなどで
下地処理を推奨。(コーティング剤の密着度や耐久性に影響あるようです)

汚れ(粉)が簡単に落ちるのをわかりやすく表現する為に
動画内では風(息)を吹き替けた際にコーティング面のみ簡単に汚れが飛んでいますが
実際には、コーティングする事で表面に親水塗膜が出来るので
水を吹きかけると簡単に汚れが取れる・・・とのこと。

※今回試したものは、防水コート剤ではありません。

試したタブレットやスマホが非防水だったので、流石に怖くて水をかけれなかったですし
そもそも粉がまって、塗布面以外の裏やら端子口が粉だらけになって
そんな余裕もなかったです。

汚れが付きづらい、落ちやすい=指紋防止になるのかな?と思いましたが
そういう訳ではないようで、指紋跡=手指の油はコーティング後にも
はっきり残っているのを確認。
以前同様の手指の油がついた際は、ティッシュなどで拭いても最初は伸びてしまいましたが
塗布後は、簡単にふき取れたのでコート剤の効果はありそうです。

まぁこの手の商品は、ダイソーなどで買えるようものからコスパ的に
どうなんだといった高いものまでありますしピンキリですね。

私が使ったのは、ガラスコート 汚れ防止 などで検索して出てくるようなものです。
もし興味があれば、類似商品含め色々ネットにありますので調べてみると楽しいものですよ。


ほんとは、写真などを合間に取りながら少しでも動画を見てくれた方及び
見なくても写真で効果がわかるように、塗布前・塗布後などの差などを
明確に!と当初は考えていたのですが
粉が思ったよりも舞うし(落とす為に息拭きかけたせいで)
撮ってたカメラや、携帯、自分も粉っぽくなってそこで中断したので投げやりに。

ブログも動画も何もかも勉強必要ですが、とりあえず、舞ってしまった粉の掃除です。